HOME>オススメ情報>補助金制度や色選びのポイントを知っておくと安心

補助金が出る自治体もある

塗装作業

外壁塗装は必要不可欠な施工と言われていますが、広い範囲に塗装を行う必要がある・足場を組むなどの費用もかかるということもあり、最終的に支払う金額は決して安くはありません。例えば30坪の住宅に外壁塗装を行った場合、使用する塗料の種類によっても異なりますが約100万円程度の費用がかかります。100万円という大金を支払うのが難しいと感じている人は、補助金を申請して費用の足しにしてみてはいかがでしょう。実は大阪府の自治体の中には金額は限られているものの、戸建て住宅に外壁塗装を行った場合に補助金が出る所があるのです。補助金だけで全ての費用を賄うのは難しいですが、10万円から25万円程度の金額を補助してもらえるので、金銭的な負担を軽減することが可能です。

ツートーンカラーも人気

住宅模型

これから外壁塗装を考えているのであれば、一色塗りではなくツートーンカラーも検討してみてはいかがでしょう。最近、大阪でもツートーンカラーの外壁にする住宅が増えており、オシャレな外観になるとして人気を集めています。外壁をツートーンカラーにする場合、配色の色合わせによって住宅のイメージがガラリと変わるのが魅力です。ナチュラルな仕上がりにしたいのであればベージュとブラウンの組み合わせが、クールな印象にしたいのであればブルー系とグレー系の組み合わせがおすすめです。

試験塗りをしてくれる業者だと安心

男性

外壁塗装を行う上で気になるのが、「塗料の色選びに失敗してしまわないか」という点ではないでしょうか。カラーサンプルもありますが、実際に外壁に塗料を塗ってみなければ本当の色味は分からない部分があります。大阪には一部、塗料のカラーを決めるときに試験塗りを行い、カラー選びをしやすくしてくれる業者もあるようです。試験塗りは実際に自宅の外壁に塗装をするので、本当の色味を確認できるため色選びの失敗を防げます。