HOME>トピックス>塗り替えればまるで新築

依頼するとこんなサービスが受けられる

一軒家

いきなり塗料を塗ることはなく、外壁塗装工事を依頼した場合は、幾つもの工程を経て塗装作業に入るのが一般的です。例えば東京の外壁塗装業者へ工事を依頼しますと、現地での点検が行われ、塗膜の劣化具合や亀裂の有無など、外壁の状態を調査してくれます。東京の業者では外装劣化診断士といった専門家がチェックしてくれることも多く、点検結果を基に工事プランを提案してくれるのです。また見積もり書と共に、調査結果をまとめた診断書も発行してくれる場合があります。費用は各社で相違しますから、塗装工事を行う際は複数の業者に見積もってもらうと良いでしょう。

実際に塗り始めるまでに色々な作業を要する

契約後は工事計画に沿って作業が進められますが、最初は近隣住民への挨拶回りから始める場合も少なくありません。その後、足場の設置工事が行われ、それが済めば高圧洗浄機などで外壁や屋根の汚れを落としていきます。鉄部分でサビが発生していればそれも削り取り、壁に亀裂などがあればシーリング作業も行われるのです。窓やエアコンの屋外機など、塗料が付いてはいけない部分には、シートやテープを使って養生してくれます。それらが済んでから塗装となりますが、最初は塗料の密着性を高めるため、下地用の塗料を用いて下塗りから始めるのが通例です。それが乾いてから中塗りと上塗りが行われるため、東京で外壁塗装を行う場合でも、塗装作業へ入るまでには色々な工程を経る仕組みになっています。